Skip to content

産後のバストアップ、授乳後は戻ってしまうの?

11

出産後バストのサイズが小さくなってしまった!

妊娠中にバストのサイズがかなり大きくなって喜んでいたのに、産後や授乳を終えたら、バストのサイズがあっという間にもとに戻ってしまった、という人は多いです。
妊娠中や授乳中は、女性ホルモンが活発になることや、母乳を作り出そうとバストが一生懸命働いているため、バストのサイズがかなり大きくなるのですが、産後女性ホルモンが一気に減少することで、大きくなったサイズももとに戻ってしまいます。
もとに戻るどころか、妊娠前よりもサイズが小さくなってしまったという人もいるようです。
産後のにサイズダウンしてしまったバストをもう一度大きくするということはなかなか難しいですが、毎日継続してケアすることで改善すできる可能性があります。
産後のバストサイズダウンを防ぐためには、女性ホルモンの分泌を活発にすることと、乳腺を刺激するマッサージを行うことが効果的。
こちらでマッサージ方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

乳腺を刺激するマッサージ

マッサージでは、リンパを刺激しながら乳腺を刺激することで、血液の流れをよくしてバストアップに近づけます。
手の指全体を脇の下にあて、ゆっくりとアンダーバストに向かってなぞっていきます。
少し圧を加えると、よりリンパをしっかり流せるので効果的です。
そのまま胸の間を通って、左の脇の下へ指を動かし、同じようにアンダーバストをなぞっていきましょう。
これを数回続けるのをワンセットとし、毎日行うことで乳腺が刺激され、バストダウンを防ぐことができます。
マッサージを行う際は、適度な圧力をかけることが重要です。
あまり軽いマッサージだと効果を感じにくくなりますし、あまり力が強いと痛みが出たり、アザになってしまうことがあります。
また、何もつけないでマッサージすると摩擦で痛みが出たり、黒ずみの原因となることがありますので、事前にクリームなどをつけてすべりをよくしておくとよいでしょう。
この乳腺を刺激するマッサージは、サイズアップはもちろんバストにハリをつけて、垂れるのを防ぐ効果もあります。
授乳後にバストが垂れてきたと感じている人や、産後ではないけれどバストアップしたいという人にもおすすめのマッサージです。
産後にダイエットをしたいという人は、体のお肉と一緒にバストのお肉も少なくなってしまうことがありますので、産後ダイエットと平行して行うのもよいと思います。

関連記事:バストアップサプリと並行して行いたいバストケア